読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるキャッシュライトバック

心にうつりゆくよしなし事を、都度キャッシュよりライトバックすれば、あやしうこそコヒーレンシ保ちけれ。

AIIT イノベーションデザインフォーラムに行ってきた

AIIT イノベーションデザインフォーラム

 出身校である産業技術大学院大学(AIIT)で、「イノベーションデザインフォーラム」が開かれたので参加してきました。

aiit.doorkeeper.jp 

 去年までは「デザインミニ塾」という名前のイベントで、組込み屋としては若干縁遠かったのですが、今回は産総研人工知能センターの西田先生が講師のワークショップ型、ということで、参加することにしました。

 

会場

 会場は産業技術大学院大学 611室です。普段大学院の講義をしている棟とは反対側の棟の一番奥です。久しぶりに来た 611。

f:id:win2tokyo:20161205230025j:plain

 

講義メモ

 西田先生は、産総研で日常生活における事故の分析予防を研究テーマとされています。

https://staff.aist.go.jp/y.nishida/

  • 若年層は事故が死亡原因の1位
    • 「努力」は課題解決にならない
    • 子供の室内での転倒事故を分析してみた
    • コケはじめからコケるまで 0.5秒しかない→無理
  • 野球のスライディング事故
    • 安全な「ベース」を開発したことが成功だった
  • 「変えられるもの」を見つけ出そう
    • ミッション・インポッシブルからミッション・ポッシブルへ
    • 「変えられるもの」を開発して産業化すればイノベーションとなる

 

  • 課題解決には
    • 問題構造を変える
      • 「変えられるもの」を見つける
    • データに基づくアプローチ
    • 変人
      • 新しい可能性を見つける能力を持つ人。それを発展させることを喜びとする人。
    • スマートパワー
      • 飴(魅力的なもの)と鞭(安全基準などによる強制)
    • 眠った力
      • 職種を超えたチームアプローチ
        • クルージ・アプローチ
        • 使えるものはなんでも使う

 

ワークショップ

 「プールで溺れる事故」を減らすためのアイデアを出して発表しました。産技大仕込みの変人として、「息のできる水を開発する」というアイデアは「これは変人ですねぇ」と西田先生からイジられました。「いえいえ、産総研さんには、かないません」という返しは自重しました。

f:id:win2tokyo:20161205230032j:plain

 

懇親会

 元が取れるほど飲み食いして終了。

 

感想

 久しぶりに「考えた」感じがした。

 目の前に課題があると、全体のことに目が行かずに「努力」「根性論」で解決しようとしてしまうが、そもそもそれでは解決しないから社会的課題なので、目を広げて、変えられるものを変えて、使えるものは使って解決に向かっていこうということでしょうか。

 一方で、社会的課題の解決に活用されるべき「変人」については、社会的課題とのマッチングをうまくできるかどうかが鍵なんだろうなあ、と、変人の一人としての自覚のある私としては思う。

 

 今月は 12/16 AIIT InfoTalk

InfoTalk#96 「ロボットは人を愛せるのか?-共生型人工知能の次の課題-」 : ATND

 12/18 AIIT 起業塾

AIIT起業塾 #8 ー 起業・スタートアップ ー : ATND

と、個人的に AIIT 強化月間になっています。